上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新緑とニリンソウ

仕事の途中にふと窓の外を見ると、柔らかい新緑が多く目に付くようになりました。
天気のいい日は色々な花粉が飛ぶものの(!)穏やかな気候が気持ちのいい季節になりました。

Solar eclipse 2012 027
ニリンソウも見頃を迎えています。
数日で一気に背丈を伸ばし、開花した花が増えました。
太陽に向かって花を広げ、風に揺れている姿はとても可憐です。

Solar eclipse 2012 026
いつまでもこの場所にたたずんでいられたら…。
そう思う、ニリンソウのお花畑の広がった小川のほとり。
日が傾いて少し寂しくなると、さすがに帰らなきゃと思い直しその場を後にしました。

Solar eclipse 2012 025
もう少しの間だけ、私たちを楽しませてくれそうです。
遅い遅い春がようやくやってきて、夏に移る少し前の新緑の季節です。


♪おまけ♪
日食を見た後、清里~小淵沢~八ヶ岳とドライブをしました。
新緑と高原を楽しむルートでした。
ソフトクリームを食べて、アウトレットでウィンドウショッピングをして。
最後は八ヶ岳農業大学校でヤギたちと戯れてきました(笑)
Solar eclipse 2012 130



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

失敗と興奮の天体ショー

金環日食に湧いた日本列島、2012年5月21日。
私もそのひとりでした。
ぜひとも自分の目でこの現象を見たいと思い、休暇を取りました。

「休んでまで見るならば、輪っかが見たい!」そう思い、お天気が少し心配でしたが山梨県まで南下してきました。
前日の夜のうちに移動し、きっと見られるだろうことを願いつつ、眠りにつきました。

多分ここならば見られるだろう…と予想した場所は高速道路のサービスエリアでした。
久しぶりの車泊。
週末の仕事がドタバタだったので疲れているはずなのに、眠れたのか眠れなかったのか分からないまま朝を迎えました。

Solar eclipse 2012 041
明るくなって目が覚めると、外は晴れ。
太陽も顔を出し、観察するにはいい場所、いい方向です。
多少寝不足感は残るものの気持ちのいい朝でした。

このエリアでの日食の始まりは、6時18分頃。
始まりまで少し時間があったので軽く身支度を整え、朝食を食べながら観察することにしました。

Solar eclipse 2012 048
トイレに行こうと外に出てびっくり。
高台の日当たりのいい場所には、観察や撮影をしようとカメラがズラリ。
みんな東の方向を見ながら、朝日を浴びています。
たくさんの人が、日食を心待ちにしていました。

ちょっと気合の入れ方が違う…。
こんなに人がいることに驚き戸惑ったものの、自分なりの楽しみ方をしようと思い直しました。

Solar eclipse 2012 035
まずは腹ごなし。
外でお湯を沸かし、コーヒーを入れました。
パンとヨーグルトとスープ…かなりしっかり朝食です(笑)
日食メガネも手元に置いて。

気温がちょうど良く、外での朝食はとてもさわやかでした。
時々日食メガネで太陽を見ては、ゆっくりモグモグ頬張ります。
さすがに日差しがきついので、車の陰から太陽を見守ることにしました。

その後、車内で少し残ったコーヒーをこぼしてしまい、携帯にも軽く掛かって大慌て。
あれこれしているうちに、太陽が欠け始めていました。

Solar eclipse 2012 038
6時30分になると、太陽が欠けてきたのが分かるようになりました。
まだ欠け始めなのに、すでにテンションが上がっているのが分かります。
メガネで覗いては「おぉ~」の繰り返しです。

Solar eclipse 2012 051
日食開始からおよそ40分で約半分に欠けました。
見るたびに欠けが大きくなっていくのが分かります。
太陽と地球の間に、月が通過中…なのです。

Solar eclipse 2012 062
およそ1時間後、金環食の始まりまであと数分のところで太陽の周りには薄雲が掛かりました。
「このタイミングで!?」と雲のいたずらにちょっと焦りました。
でもこの瞬間だけは、直接カメラで日食を捉えることが出来ました。

その後は無事に雲が抜け、再び青空での日食観察を続けることが出来ました。

Solar eclipse 2012 072
欠けはまだまだ続いていきます。
太陽光線が弱くはっきりした影が近くに無かったものの、木陰で出来たピンホール効果が楽しい模様を作っていました。
欠けが大きいと引っかいたような模様になるんですね。

Solar eclipse 2012 074
金環食が始まるまで、もう少し。
だんだんと輪になっていく錯覚とともに、じっと太陽を見続けます。

Solar eclipse 2012 079
金環食になりました。
この瞬間に気付いたこと。
三脚持ってくりゃ良かった!!

太陽光が弱くなってシャッタースピードが落ちるために、今までなら撮れていた太陽がブレてしまう。
なにより、興奮した自分が手ブレを増長してしまっている。
このふたつが原因で、ブレブレの金環写真がたくさん撮れました(苦笑)

金色に輝く輪っかは自分の目でしっかりと見られたし、充分過ぎるほど満足出来ました。
周辺で太陽を見ていた人たちのどよめきや歓声も聞こえてきたし、生でこの瞬間を見られたのは感動ものでした。
でも次に観察するなら、やっぱりこの経験は生かしたいと思います。

Solar eclipse 2012 095
リングになっている間は本当に短く、あっと言う間に太陽は再び輝きを増し始めます。
少しずつまばらになっていく観察者たち。
幻想的な瞬間だけ時が止まり、金環食の終わりと共に日常の時間が流れ始めたような感じがしました。

Solar eclipse 2012 117
元の姿に戻るまで見守りました。
9時頃、天体ショーは終わりました。

こんなにすごい体験が出来たのに、まだ9時。
さてこれから何をして休暇を過ごそう…かなり得した気分の1日の始まりでした。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニリンソウが咲いています

今年の冬は、例年以上に厳しい寒さが続きました。
しかし積雪は少なく、上高地の残雪は入山して数日のうちにほとんどがなくなっていました。

一気に気温が上昇すると、反応が早いのは地面から顔を出す草たち。
あっと言う間に緑が広がって土を覆いつくしていきます。

一方、冬の厳しさを全体で耐えてきた樹木たちは、ようやく背伸びをして芽吹かせます。
樹木の新緑がいっぱいになるまで、もう少し時間が掛かりそうです。

May 2012 various 029
ニリンソウが例年より早く花を咲かせ始めました。
日当たりのいい場所では、GW辺りには小さなピンク色のつぼみを付け、気の早い花は茎を伸ばす前に咲き始めていました。

上高地からずっと奥へ歩くこと1時間ちょっと。
明神館と徳沢キャンプ場の間に、たくさんのニリンソウが群生しています。

Fresh Greens 052
ゴミ拾いをしながら、ニリンソウの咲き具合を見に行ってきました。
この日は快晴で、日の出と共に気温も上がり、太陽の向きに合わせてニリンソウは大きく開花していました。
これでも5分咲きくらい。
とても可憐なお花畑が広がっています。

Fresh Greens 054
緑のニリンソウを見つけました。
ガクの先のピンク色のグラデーションがきれいです。

Fresh Greens 036
徳沢では、北アルプスから集まった雪解け水が大きな音を立てて流れていました。
どこまでも澄んでいて、水の色が本当に鮮やかでした。

気持ちのいい季節になりました。
このお天気がずっと続けばいいのに…と思ってみても、日替わりで変わっていきます。
暖かくなったり、寒くなったり。
晴れたり、雨が降ったり。

お天気に振り回され、落ち着かない毎日です。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お蕎麦ランチとミズバショウ

乗鞍に住んでいる友達とお蕎麦ランチをしてきました。
乗鞍高原に入って一番最初にあるお店、『御池』さんでいただきました。
山菜の天ぷらもとても魅力的で一緒に注文しました。

May 2012 various 072
この日は少し肌寒く、温かいお蕎麦にしようか悩んだのですが冷やしとろろそばにしました。
ひと口食べて「美味しいっ!!」
お蕎麦の味とコシに惚れ惚れします。
そして連日の山菜三昧。
大地の恵みを美味しくいただいています。

最後にいただく蕎麦湯が好きなので、やっぱり冷たいお蕎麦でよかったです。
たわいのないおしゃべりも弾んで、大満足のランチタイムになりました。
ごちそうさまでした。


お店の周辺はスモモの花が満開になり、とても春らしい景色に包まれていました。
ミズバショウも見頃を迎えているらしいということなので、ランチの後には一の瀬園地に行って腹ごなし散策をしました。

キャンプ場から少し行ったところにあるミズバショウ群生地では、花よりも葉っぱが大きく成長し咲き終わりに近い状態でした。
見頃を過ぎてしまったことをちょっぴり残念に思いながら、『ミズバショウ群生地』の道標に沿って奥へと歩いていきました。

ここより奥を歩いたことが無く、奥に行けば行くほど人もいなくなってしまいました。
けれど整備された木道が続いて歩きやすく、ミズバショウがたくさん群生していました。
少し薄暗くひっそりとしているけれど、寂しくないのはミズバショウのおかげでしょうか。

late spring come by Kiss 004
小川のせせらぎの中で春を知らせるかのように、たくさんのミズバショウが咲いていました。
こうして独占して見られるのは嬉しいけれど、もっともっと多くの人にこの素敵な風景を見てもらいたいです。

一度牧草地に出て、広がる草地の中を歩きました。
さらに奥へ足を向けると、またまた広がるミズバショウたち。
こんなにいっぱい群生地があるなんて知らなかった。
冬に何シーズンもお世話になっている乗鞍ですが、まだまだ知らないところがいっぱいです。

late spring come by Kiss 006
傾いた太陽の日差しを浴びながら、湿地に咲くミズバショウ。
仲良く寄り添って咲いていました。
とてもきれいで、ちょうど見頃でした。
こんな奥の奥まで踏み込んでしまって…来てみて良かったです。

ミズバショウのそばには、他の花も咲いていました。

May 2012 various 077
湿地に生えるリュウキンカ。
ミズバショウと同じ土壌を好みます。
鮮やかな黄色が際立ち、そして時にはミズバショウの白さを引き立てていました。

May 2012 various 083
このショウジョウバカマも、湿った場所に咲いています。
木陰の登山道でも良く見られる花です。

late spring come by Kiss 009
ヤマザクラが咲き始めていました。
ちょっと控えめな咲き方ですが、濃いピンクの花は山肌をところどころ桜色に染め、楽しませてくれます。
山間部では色んなサクラがこれから咲いていきます。


ここ数日、温度差がとても激しいです。
先週末は雪がちらつき、森の中は薄っすら雪化粧をしました。
昨日は太陽が顔を出し、気温が急上昇。
今日は雨がしとしと降って、前日より10℃ほど気温が下がっています。
体調管理には気を付けないと…と言い聞かせながら、ストーブの前から離れられなくなっています。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さわやか158R

上高地に入って初めての休暇をもらいました。
春山を楽しみたいところですがGW後半から天気が安定せず、山に行くのはやめて下界に下ることにしました。

移転し新しくなった松本献血ルームで成分献血をし、久しぶりのお買い物です。
日用品と食料品をたくさん買い込んできました。
特にストレスが溜まっているわけでもないですが、かなり散財してしまったように思います。
それでも、やっぱり買い物は楽しいですね(笑)

上高地から松本市街地をつなぐ国道158号線は、新緑が眩しいさわやかロードになっています。
民家の多い松本から新島々辺りまでは、庭木の花が咲き誇り、リンゴの花も咲き始めていました。

少しずつ標高が上がってくると、やっとやってきた遅めの春の景色が広がってきます。
途中、ピンク色の八重桜がまさに満開でした。

May 2012 various 063
思わず車を止めて、写真撮影。
ソメイヨシノより濃いピンク色の大輪が、ぽんぽんとたくさん付いて華やかでした。

道の駅『風穴の里』からさらに上は、新緑です。
日差しをうっすら映す、広がったばかりで柔らかい、鮮やかな黄緑色。
キラキラ輝いて見える樹木に包まれて、気持ちいいドライブが出来ます。
May 2012 various 067

厳しい冬を乗り越えてきた植物たちにとって、この季節が待ち遠しかったように見えます。
「春が来た!」という爆発的成長が見える、生命力がたくさん溢れている国道沿い。
この季節のこの道のドライブが一番好きです。

late spring come by Kiss 015
また、国道沿いでずっと華を添えているのは、自生しているヤマブキ。
山吹色はこの花の色からきています。
太陽に当たれば黄金色にも見える、濃い黄色がとてもきれいです。
風に吹かれてなびいては、過ぎ行く車を見送ってくれます。

沢渡より上まで来れば、まだ芽吹きが始まったばかり。
薄い黄緑色が、枝に沿うように色づきだしています。
北海道まで到達した桜前線もまだまだ見ることが出来ます。

入山して、春到来に再び遭遇し、芽吹きのパワーをたくさんいただいている毎日です。


♪おまけ♪
同僚たちから、コゴミとタラノメをそれぞれいただきました。
コゴミは茹でてマヨネーズと酢味噌で。
タラノメは冷蔵庫で眠っていたフキノトウと一緒に天ぷらに。
May 2012 various 069

とても美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

下界の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

命をつなぐ季節

GW中はぽかぽか陽気に誘われて、動物たちの動きも活発になってきました。
散歩に出掛け、踏みつぶしそうになって飛び退いた足元には、アズマヒキガエルがのそのそと歩いていました。
初めてこのカエルを見たときには、こぶし大の大きさにびっくりしたっけ。

Wake up! 002
目はしっかり開いているようだけれど、あまりにもスローな動きに「寝起きかしら」と勝手に想像してしまいました。
水辺で耳を澄ましてよくよく覗き込んで見ると、カエルの大合唱が始まってオスが元気よく飛び跳ねていました。
水の流れの無い場所ではすでに産卵が終わって、キャビアのようなタピオカのような、ところてんのような卵をたくさん観察することが出来ます。

ここ最近は少し肌寒く、そんな日にはカエルの姿は見えません。
それでも水中では、あっと言う間に孵化した小さなオタマジャクシが元気に泳いでいます。


Various April 110
ペアで泳ぐマガモを見つけました。
生物学的に言えば、今は子孫を残すための季節です。
こうして仲良くえさを探しながら泳ぐ姿を見れば、文学的に「恋の季節」と言いたいけれど…。
来月になったら、マガモのヒナたちがお母さんと一緒に行動する姿も見られるはず。
その頃には、オスとメスは別居してしまっていますが(苦笑)


ちょうど、イギリスのBBCが作成した『ライフ-いのちをつなぐ物語-』というドキュメンタリー映画を見たばかりで、上高地で暮らす生き物に出会うたびに、ここにも命を繋いでいく物語があるのかなと思うようになりました。
ダイナミックで繊細な命の営みを映し出したこの作品は、とても見る価値があります。
厳しい自然で暮らす被写体に最高のカメラ技術とナレーションが加わり、観ていてどんどん引き込まれていきました。

2年前、BBCのスタッフが上高地のニホンザルを撮影するため季節ごとに滞在したことがあったのですが、もっと色んな話を聞いておきたかったと、今になって思います。
私たちの知らない場所で、今も動物たちが感動的な物語を作っていることでしょう。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

空を泳ぐ夢

今日は『こどもの日』、端午の節句でした。
上高地は連休一番の賑わいとなりましたが、天気が不安定で時折風が吹いたり雨が降ったり雷が鳴ったりといった1日になりました。

端午の節句と言えば、やっぱり鯉のぼり。
最近は「屋根より高い」鯉のぼりはめっきり少なくなってしまいましたが、気持ちよさそうに泳ぐ姿は変わらず見ることが出来ます。

Various April 114
上高地の鯉のぼりたちも、河童橋のたもとで泳いでいました。
時々しっぽを掴まれながら(笑)


小さい頃は大きなお父さん鯉の中に入って、一緒に泳げるんじゃないかと思っていました。
想像と言うか、願望と言うか…今でもその夢が叶えばいいのにと思ってしまいます。

そんな夢の鯉のぼりの中はこんな感じ。
去年生まれた甥っ子の鯉のぼりが届いたので、のぞいてみました。
きれいに手染めされた鯉たちです。

こいのぼり 2
お父さん鯉の中身は、やっぱりクールで渋い。

こいのぼり 1
小さな鯉は、鮮やかで可愛い赤系です。

無邪気だったあの頃。
夢を持っていたあの頃。
今でも心の中身は何も変わっていない気がするけれど、「あの頃は…」なんて思って変に大人になってしまった自分も居る。

子どもの成長を祝うこの日。
変わっていくもの変わらないもの、色々あるけれど、まだまだ自分自身が成長していかなければと思いました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

春、山の幸

あっと言う間に5月になったかと思えば、ゴールデンウィーク後半に突入ですね。
天気の悪いスタートとなってしまいましたが、いかがお過ごしですか。

上高地は雨が静かに降り続いたお陰で、残っていた道端の雪がずいぶんとなくなりました。
気温の上昇と雨で芽吹きも一気に進みそうです。

ヤナギたちの花が目に付くようになりました。
ウサギのしっぽのような、猫の毛並みのようなフサフサスベスベの花芽が少しずつ大きくなっているもの。
もう花が咲き、毛虫のようなちょっぴり気味悪い姿の花をつけたもの。
きちんと春が訪れています。

雪が融け、枯葉と土色だった地面にも少しずつ緑が混ざってきました。
地べたに這うように、寄り添うようにぴったりと葉を広げ始めています。

Various April 101
そんな中で今、一番目立つのはフキノトウ。
日中の気温の上昇が著しいので、成長がとても早く、すでにフキの『頭』ならぬフキの『花』になりつつあります。

先日、買い物袋いっぱいにもらってきたフキノトウが美味しい蕗味噌になりました。
普通は味噌の割合が多いはずなのに、明らかにフキノトウの割合が多い…(苦笑)
ちょっぴり苦みがあって、そのままおかずになる万能お味噌です。
そしてとてもいい香りがします。

Wake up! 004
山ウドと一緒におかずに。
そして焼きおにぎり!
先日新調してもらった炊飯ジャーで炊いたご飯で作りました。

春の恵みを存分に満喫しています。
ごちそうさま。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

こんなの作りました | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。