上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大親分参上!

先週の話ですが…。
山賊バーガーが無料で振舞われるイベントがありました。
その数なんと100人分!!

2012y01m28d_175038899.jpg
黒米を使って焼き上げられたバンズ。
バンズの間からはみ出しているのは、甘辛しょうゆ味のタレが絡まった山賊焼き。
しゃきしゃきレタスとジューシートマト。
とても美味しそうです。

このバーガーの名は『大親分バーガー』。
スキー場内のレストランで食べられる『子分バーガー』『親分バーガー』よりももっともっとビッグサイズです。
これひとつで100人の小腹を満たすことが出来る、頼もしい山賊バーガーです。

2012y01m28d_174951974.jpg
ウェディングケーキならぬ、大親分バーガーの入刀です。
大きさが分かっていただけると思いますが、切り分けるのだってひと苦労。

切り分けが進んでいく間に、隣接するレストハウスからさんぞくっくが現れました。
みんなの興奮はマックスに。
ちびっ子も大人も、さんぞくっくに大注目です。

2012y01m28d_174441550.jpg
山賊バーガーの前でサービス精神旺盛におもてなしをする、さんぞくっく。
「くっく~、くっく~」と呼べば、振り向いてポーズを決めてくれる姿はとてもかわいく健気でした。
そうこうしているうちにバーガーが配られていき、無事にバーガーを受け取った人たちはさんぞくっくと記念撮影をしていました。

event day 036
大親分バーガーは並んだみんなの手にいき渡ったのでしょうか。
かなり早いうちに受け取った知人からは「30分前から並んだ」と気合いの答えがありました。

山賊焼きとともに、山賊バーガーもさんぞくっくも、そしてMt.乗鞍スキー場も好きになって欲しいと思います。
この日は撮影だけだったので、近いうちに『子分バーガー』を食べに行こうと思います。
唐揚げ好き、ハンバーガー好きさんにはぜひとも一度食べてもらいたい山賊バーガーです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結晶が集まって

都心部での積雪を記録した日。
東京で雪が降るくらいなら、こちらもさぞかしバフバフの雪が積もるだろうと安易に考えていたのですが…。
朝、窓を開けて外を見ると昨日と変わらない景色にがっくり。

天気予報が雪マークだけだった今日。
すでに雪が降っているんだろうと、勢いよく窓を開けてみたものの、全く変わらない景色に再度がっくり。

先週末に少し積雪があったものの、もう少し雪が欲しいなぁ…と思う毎日です。
まだまだ雪乞い継続中です。

積雪量は少ないけれど気温の低いことが多いせいか、結晶になって落ちてくる雪がよく見られます。
圧雪されたゲレンデの上に、朝方に降った雪の結晶がうっすらと積もっていると、いつも以上にキラキラ輝いて見えます。

2012y01m25d_073845691.jpg
車の窓ガラスに乗っかっていた雪のかけらたち。
ガラスの破片のようなものもあれば、きれいに形になった結晶もあります。

2012y01m25d_073917110.jpg
ひとつひとつ形が違う結晶たち。
あまりに近づきすぎて、カメラでおでこをゴツンとぶつけてしまったり。
なるべくきれいに撮りたいと思って、どんどん欲が出ます。
もっと大きく撮れるようにルーペでも買おうかなぁ。

Jan 2012 014
結晶はどんどんと空から降ってきて、ふわりふわりと積み重なっていきます。
気がつけば辺りは真っ白。
結晶はやがて大きな大きな雪の塊になっていきます。


午後になって、雪が本降りになってきました。
今週末はまた気持ちのいいゲレンデコンディションになりそうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

イベントだらけ

食欲の深まる秋。
そして上高地での生活も数えるほどになってくると、様々なイベントが目白押しになります。
小さいものから大きなものまで、数日おきに発生する飲み会のお陰で、下山前のドタバタにさらに拍車が掛かってしまう気がします。


Various of Oct 015
信州と言えば、蕎麦。
秋のソバの実が収穫され粉が新しくなると、どこのお店でも『新蕎麦です』とポスターやのぼりで表示されます。
そんな地場産の採れたてで打ち立てのお蕎麦を、『新蕎麦パーティ』と称して主任が振舞ってくれました。
気が付けば大規模な飲み会になってしまいましたが、職場関係者ほとんど全員が集まって、美味しいお蕎麦をみんなでいただくことが出来ました。

Various of Oct 025
そして乗鞍や奈川で頂くことが出来る、とうじ蕎麦も用意していただきました。
キノコや野菜をたっぷり入れただしに、一度茹でて水でしめたお蕎麦を専用のカゴでくぐらせいただきます。
盛り蕎麦はもちろん絶品ですが、これもまた美味しい!
今年は蕎麦打ち道場を開いてくれるとおっしゃっていたので、今から楽しみです。


外が寒くなってくると、暖かい食べ物を囲って盛り上がりたくなります。
気心の知れた飲み仲間の同僚3人で、チーズフォンデュです。
チーズ好きにはたまらない(笑)
Various of Oct 117

パスタとサラダで、さらにバージョンアップして。
差し入れにワインをいただいて、夜遅くまで盛り上がりました。


下山前日には、みんなで焼き芋大会です。
片付けで出た廃材などを焼くついでに焼き芋もやっちゃおうと、これまた同僚が企画してくれたのですが…。

Fall Vacation 274
なんと、おイモは種子島から直送してもらいました。
初めての安納いも。
水分がしっかりあって、甘くておいしいのだそうです。

しかし焼き芋大会前日に、長野県下で『焚き火自粛』のお願いが出てしまいました。
一部の地域の落ち葉から放射性物質が検出されたことを受け、その地域だけではなく県下全域で自粛要請になったようです。
出来れば焚き火をしながら気長におイモを焼いていたかったのですが、オーブンで焼くことになりました。

おイモはひとつずつしっかりアルミホイルに包まれて、ごろりごろりと天板に並べられました。
ゆっくりゆっくり時々おイモの向きを変えながら焼いていきます。
だんだんいい匂いが厨房に漂ってきたので竹串を指してみると…。
凝縮されたおイモの水分が、差した穴から勢いよく吹き出てきました。

Fall Vacation 290
冷めないうちにみんなを招集し、焼き芋大会兼昼食になりました。
焼き芋を割ってみると、ほんわりとした湯気と共にいい匂いに包まれます。
中身は色が濃く、食べてみると甘くてしっとりとしていました。
安納いも、ありがとう!

毎日がイベントてんこ盛りだった気がする、下山前。
今となっては、こうして写真を見たりすることで思い出す出来事ばかりです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

上高地のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

乱入者!?

今夜から雪の予報です。
積雪がしばらく無いので、本当に本当に降って欲しいです。

数日続いた穏やかなポカポカ陽気のお陰で、今日滑ったゲレンデは昨日より一昨日よりも、確実に雪が減っているのが分かりました。
ササがぴょこぴょこ顔を出している場所もあって、まるでクローズ前の春のゲレンデに見える所もあったりして。
やはり本格的な雪乞いが必要でしょうか…。

そんな悩みを抱え働いていた、ちょっぴりけだるい昼下がり。
突然レストランに乱入してきたものがいました。
目の前に立ちはだかる大きな影。


誰だー!!
…と思ったら、Mt.乗鞍のスーパースター(?)でした。
名前は『さんぞくっく』といいます。
きっと好きな食べ物は山賊焼きのはず。

Jan 2012 023
カメラを向けるとポーズをきちんと決めてくれました。
同僚とお友達らしく熱いハグと握手をしてひと言ふた言会話を交わし、お客さんに大手を振りながらレストランを去っていきました。

Jan 2012 024
自動ドアは頭が大きくて正面を向いて出られず、横向きで出て行った姿がお茶目でした。
そして、外の階段は滑らないように慎重に…。
みんなに守られ歩いていました。

Jan 2012 025
スキー板は3人のSP役に手伝ってもらい履いていました。
足元が見えないから大変なんですね。

2012y01m19d_172806096.jpg
そして再び振り返り、決めポーズ。
かと思うと、SPさんを置き去りにして、すいっとリフト乗り場に移動し、リフトに乗っていってしまいました。
22日には100人分の大きな山賊バーガーを振舞うなどのイベントが控えていて、そのための練習だったようです。

夕方にはゲレンデ上部から雪が降り始めました。
雪がしっかり積もることを願いながら、今夜も一杯飲むことにしようと思います(笑)



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

旬の黄

山から秋がどんどん下りてくると、上高地も『こうよう』が始まります。
上高地では紅葉よりも、カラマツの『黄葉』がメインになります。

fall-early winter 2011 033
今シーズンはシックな濃い黄色に染まりました。
見方によっては茶色っぽい…。
それでもカラマツ林の中で見上げた葉の色づきは、キラキラと光って見えます。

Kraft and so on 052
一番混みあう季節の中でも、静かに散策できる場所を見つけました。
足元は落ち葉でふかふかしています。
西に傾きかけた午後の日差しを浴びながらゆっくり歩くと、とても気持ちが落ち着く気がしました。

fall-early winter 2011 041
小梨平のキャンプ場からの眺め。
遠くも近くも、秋色に染まっています。
少し朝晩が冷え込むけれど、テントを張って景色を見ながら、ゆっくりお茶をするのも優雅でいいかもしれません。

Kraft and so on 081
左岸のカラマツもすっかり色づきました。
バスターミナルから河童橋まで歩くのが楽しくなるような、秋色です。
右岸から眺めたり、カラマツ林の中を歩いたり。
カメラを片手にあちこち散歩するのが楽しい毎日でした。


秋と冬が隣り合わせのこの季節。
放射冷却の効果で、ぐんと冷え込む朝がたびたび訪れます。

fall-early winter 2011 047
そんな朝は全てが白くなって幻想的な空気に包まれます。
真っ白な霜に覆われた木々は、朝日を浴びてキラキラに反射します。
川の水面からはモヤが昇っていました。
儚く尊い景色に出会えた偶然が、とても嬉しい時間になりました。


そして霜が降りると、落葉が一気に始まります。
秋になり一定の気温まで下がり始めると、葉に通っていた水を吸い上げる力が無くなりそれと同時に色づく現象が起こります。
そして霜が降り冬の準備に取り掛かり始めると、葉は枝を離れ落葉します。
それが顕著に見られるのがカツラなどです。

Kraft and so on 062
施設の前に高く大きく伸びているハルニレも霜が降った朝に一気に落葉を始めました。
樹全体に日差しが当たったと思ったら、ぱらりぱらりと落ちてくるのが分かりました。
しばらく見ていたら、全部落ちきってしまうんじゃないかと思うくらいの潔い散りっぷりでした。

森の中に住んでいるからこそ分かる、樹たちの不思議な現象です。
しばらく落ち葉をかき集めて山を作っては遊んでいました。
童心に返ってしまうのも、森の中に住んでいるから?
ただ暇なだけ…か(苦笑)



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

旬の赤

勤務している施設の玄関先にすらっと伸びている、オオハウチワカエデの葉が赤く色づいてきたのは、10月中旬のこと。
真っ赤にならなかった涸沢のナナカマドを見た後のことです。
果たして赤くなるのかどうか不安でしたが、2011年もきれいに色づいてくれました。

日の出の時間がずいぶん遅くなった10月。
太陽が六百山の稜線から顔を出し上高地に日差しが届くのは9時少し前です。
日差しがまるでスポットライトのようにふわっと降りてくれば、カエデは一気に輝きを増します。
fall-early winter 2011 023

この瞬間は、室内にいても窓ガラス越しに伝わってきます。
そしてついつい、カメラを持って外に出てシャッターを切ってしまいます。
そのたびに、仕事は一時中断してしまいます(苦笑)

Kraft and so on 023
日が一番高くなった頃、カエデを真下から見上げるとずいぶん色濃く見えます。
決して大木ではないカエデの樹ですが、すらっと伸びた細い枝からエネルギッシュなパワーが溢れているようです。


fall-early winter 2011 026
少しずつ色が濃くなって、見頃を迎えました。
やはり朝日を浴びるこの時間が一番美しい。
和を感じさせる色合いと日差しの作る絶妙なグラデーションに、ほれぼれとしてしまいます。

fall-early winter 2011 030
こんな着物の柄を以前どこかで見たような…。
春の桜と秋の紅葉を見上げると、ふっと心の中がリセットされるような気がします。
そして『日本人で良かったなぁ』と心の底から思います。

Kraft and so on 046
青空と常緑樹と、そして紅葉。
誰もが心奪われる空間です。
遊歩道から少し外れた場所に静かに生えているけれど、この時ばかりはカエデはステキなモデルさんになります。
たくさんの人が立ち寄っては写真を撮っていってくれました。


一番の色づきを迎えて、数日後。
冷たい雨が降り、容赦なく強い風が吹き抜けていきました。
鮮やかに色づいたカエデは、はらりはらりと枝を離れ落ちていきます。
楽しませてくれた時間はあっと言う間に終わり、冬に向かっての準備が始まります。

Kraft and so on 094
地面に落ちた葉はだんだんと分解され、やがて森に還ります。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

動植物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

クラフトピクニック 2011

10月中旬の週末に、松本市あがたの森公園で『クラフトピクニック』がありました。
5月に行われるクラフトフェアと同じ方々の企画ですが、ピクニックの最大の魅力はワークショップ。
見て、買って、そして作ることまで出来るのです。

クラフトフェアとクラフトピクニックにハマって、もう3年目になります。
週末に運良く休めそうなら気持ちよく休暇を取って、ウキウキ気分で上高地から下ってクラフトに参加します。


今回は日曜日の午後に休みを取っていたので、仕事が終わって大慌てで下山し、あがたの森を目指しました。
ポカポカ陽気の昼下がりで、外で何かを作るのに最高のお天気になりました。

色々眺めながら歩いていてふっと足が止まったのは、木彫りの食器が並んでいるブースでした。
スプーンと指輪を作ることが出来るらしく、すぐに作れる指輪を作らせてもらうことにしました。

Kraft and so on 002
まずは角材を選びます。
今回使った材は、クリの木だそうで真ん中に穴が開いて荒く周囲が削ってあります。
模様の出方が材によって違うとのことですが、どれが良いか分からず勘でひとつを選びました。

Kraft and so on 004
そして、まるではた織機のような器械で削っていきます。
カンナの先にさっき選んだ材が固定されています。
足でペダルを踏み込めば、材がクルクルと回転し、カンナで削れていくといった具合です。
モデルは、このブースで教えてくれた作家さんにお願いしました(笑)

カンナを当てる角度や強さが分からず、最初はかなりのビビリ調子でした。
そんな時の、気が削れる音はガリガリ…と濁音気味です。
少し要領が分かってくると、削れる音や手に伝わってくる振動に変化があります。
とても気持ちのいい音が響いて、まるで上質な薄い削り節のような木屑が出来上がります。

Kraft and so on 006
バランスよく削るのが上手くいかなくて作家さんに手助けしていただきながら、なんとか指輪らしくなりました。
カンナから紙やすりに持ち替えて、最後の仕上げです。
外も中もきちんと削って、滑らかにします。

オイルを少し塗って磨いてあげると艶が出て、とてもナチュラルな手触りの指輪が完成しました。
手伝っていただいたお陰で完成できたのですが、自分で作った作品に大満足です。
指にはめるには少し大きめサイズだったので、カメラのストラップ代わりに付けてみました。
Kraft and so on 008

小さなお菓子を盛り付けたりするのにちょうどいい、可愛い木製のお皿を一緒に買ってブースを後にしました。
ぶらぶらと散歩をしながら、出展していたコーヒーを買って、ひとつひとつのブースをのぞいていきます。
本当に楽しくて、リフレッシュの時間でになりました。


Kraft and so on 016
京都から出展していた、糸を扱っているブースにやってきました。
一昨年にこのお店のブースで初めてシュシュ(ヘアゴム)を作りました。
この日もカラフルな糸がたくさん並んで、かわいい女の子から年配の女性まで楽しそうにシュシュを作っているのを見て、今回もまた作ることにしました。

Kraft and so on 018
まずは糸選びから。
ブルーシートにコロコロ転がった糸たち。
太いもの細いもの、モコモコなもの、キラキラしたもの…この中から3つか4つの糸を選ぶのですが、いっぱいありすぎて決まらない。
全然違う素材のものをなんとか3つ選び出して、シュシュを作っていきます。

黄と緑と青系のツンツン、モコモコ、フワフワの糸を3mくらいに長く切って、指で鎖編みにしていきます。
鎖編みが出来たら、鎖の輪の中に間隔をあけながら細いヘアゴムをジグザグに通していきます。
ゴムの両端を輪にしてきゅっと結んだら、シュシュの出来上がりです。
選んだ糸がひとつ違うだけで全然違う表情になったり、一見合わないように思える糸の組み合わせでも編んだとたんにしっくりきたり。
そんな糸遊びが不思議で手品のようでした。

Winter days 033
作ったシュシュは、ダッフィーにつけてもらってます。
髪飾りにしなくても手首につけても可愛いです。

色々見てまわって、作る欲をめいいっぱい刺激されて帰ってきました。
この冬は、再び編み物欲が出ています。
何か作ろうと買ってはたまっていく、たくさんの毛糸たちを活躍させてあげようと考えています。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

下界の出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 |

雪乞いダイジェスト

今シーズンのMt.乗鞍スキー場は雪がとても少ない状態でのオープンになりました。

乗鞍で冬を過ごすようになって何年も経ちますが、これほど雪が無いシーズンは初めてです。
これまでにも雪が少ないと言われることはありました。
しかしゲレンデ上に草がたくさん顔を出していることはありませんでした。
友達は牧草地とか草原とか表現していましたが…(苦笑)
年が明けて1月に入ってもまさにそんな状態で、スキー場がどうなってしまうのか心配でした。

クリスマス寒波、お正月寒波…その寒波は、乗鞍には雪をどさっ!という程は運んでくれませんでした。
痺れるように寒い朝はもう何度も体験していますが、雪かきするほどの雪には恵まれません。


off and christmas (180)
シーズンインに合わせて雪待ちのゲレンデ。
中央に小さな白い雲のように写っているのは、降雪機が巻き上げた雪が大気に放出されて出来たものです。
ススキの穂のような枯れ草が、雪の隙間からぴょんぴょんと顔を出しています。

雪よ降れ~!!
リフトに乗って空を仰いでみても、澄んだ青さがただただ目に入るだけ。
夏のアウトドアは晴れて欲しいのに、冬のアウトドアは雪が降って欲しい。
そんなワガママさんは、きっと私だけではないはずです。

off and christmas (183)
勝手に『かたつむり号』と命名した、移動式の降雪機。
のそのそと移動していく姿はかなりゆる~く見えるのに、雪を作り出す姿はとても頼もしい。
固定された降雪機からもも、うなるような音を響かせながら雪をフル稼働で吐き出していました。


ちょっぴり遅刻してやってきたクリスマス寒波は、30cmほどの雪を積もらせてくれました。
私たちに今シーズン初のパウダーランと歓喜をもたらしてくれました。
まだ地が固まっていない、そのまま雪が積もっただけのバーンは、止まってしまうと底なし沼かと思うほど板が沈んでいきます。
それでも思いっきり後ろに体重を預けて滑り出せば、板の先端が顔を出してふわっふわの浮遊感を味わえます。

powder day (2)
パウダーを巻き上げながら、いつだってベストな滑りを追求するのは、マスターです。
私が底なし沼ならぬ新雪に足を取られてもがいているいる間に、すぅーっと滑り出してパウダーと共に見えなくなってしまいました。

off and christmas (245)
テレマーカーのMちゃんも一緒にパウダーを楽しみました。
うきうきした気分が全部伝わってきそうなくらいの、歓声と滑りでした。

Snow!! 010
歓喜のパウダーは、待ちわびていた愛好家たちに見事に滑り倒されました。
そして翌日…天気が回復すると共に強風がゲレンデの上を駆け回り、せっかく積もった雪を飛ばしていってしまいました。
降っては飛ばされ、降っては飛ばされ…。
乗鞍は雪から晴れになるときに暴風が吹き荒れるので、いつまで経っても充分な雪がゲレンデに残らない気がします。

年が明けてもやっぱり雪不足のままでした。
まるでシーズン終わりのような景色が広がっていました。

Snow!! 016
そして、またしても遅刻してお正月寒波がやってきました。
思わぬ積雪に、仕事を早めに切り上げてゲレンデに飛び出しました。
木々にもこっと乗っかった雪を見て、思わず嬉しい武者震いしてしまいました(笑)

やっと全部のリフトが動き始めました。
まだまだ雪が必要です。
雪乞いしなくては…何かいいおまじない知りませんか?



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。


雲に覆われて初日の出は見られなかったものの、穏やかな元旦になりました。
スキー場で働いているからには、元日の朝から気合いを入れて働かなければなりません。
昨日と同じ1日が始まるのに、「おはよう」ではなく「明けましておめでとう」と挨拶をするのが何だか不思議でくすぐったい感じがしました。

こうして始まった2012年。
もう3日が過ぎてしまいました。
寝正月に縁が無くなってしばらくになりますが、色んなお正月が皆さんそれぞれにあったことと思います。


今年の目標は『思ったことを実行してみる』です。
『有言実行』ならぬ『有想実行』といったところでしょうか。

例えば、「あの資格が取りたいな」と思えばそのためにきっかけを作ってみたり、行動してみる…という具合に。
思うことは簡単だけど、思うだけで終わってしまうことが最近とても多い気がするのです。

あれいいなと思えば、やってみる。
あの人大丈夫かなと思えば、声を掛けてみる。
当たり前のことだけれど、その当たり前のことが出来ていないのも事実だから…。


今年は辰年。
十二支の中で唯一架空の動物です。

想像する龍は、力強く空に高く昇っていくイメージ。
そんな龍を思い描きながら、上昇志向で1年を過ごしていけたらいいなと思っています。

Fall Vacation 239
当たり前ですが龍の画像が無いので、一番イメージに近いものを…。
八景島シーパラダイスで見た、イワシが作る竜巻。
小さなイワシたちが大きな渦を作る姿は圧巻で、一緒に行った友達を放っていつまでも眺めていました。

本年もよろしくお願いします。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。