上ッテ下ッテ また 上ル

毎日あんなに暑かったはずなのに…なんだか秋らしさいっぱいの上高地です。ここからまた、上ったり下ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冬の記憶 1

まだまだ白い世界の中の、冬の装いの乗鞍を離れ、実家に帰ってきています。
朝晩はとても冷え込み『春は名のみの…』と言いたくなりますが、こちらは確実に春になっているのが分かります。
帰宅してから数日しか経っていないのに、乗鞍に居たのは嘘だったんじゃないか、夢だったんじゃないかと思ってしまいます。

そんな夢だったような出来事のひとつひとつをしっかりと写真に収めていました。
少しずつ記憶をたぐり寄せながら紹介していきます。



Weather of Winter 015
ゲレンデの緩斜面に突如現れた、大きなスノーマン。
日本で言う『雪だるま』は2段重ねですが、こちらは3段重ねのノッポさんです。
よく見てみると、ほっぺたもぷっくりと付いていて、なかなか立体的です。
手は細く華奢な、落ちていた枝で出来ていました。

Weather of Winter 017
さらによく見てみると…。
なんと!頭はグリーンなモヒカンでした。
目だって、まつ毛がバシバシっと決まっているようにも見えます。
なかなか粋なスノーマンです。

何も無い場所で立派なスノーマンを作った人は一体、誰?
きっと笑顔いっぱいで作ったのでしょう。
だって、見つけたこっちも笑ってしまったから。
しばらくここで、滑っている私たちを見守ってくれていました。


「少し下は、雨だったよ」と教えてもらったある朝。
スキー場は限りなく雨に近い雪でした。
こんな重たい雪の降った日は、ゲレンデ状態もあまりよくないんじゃないかしら…そんなふうに思いながら、みんな滑りにやってきます。

でも、こんな日だから見られる現象だってあるのです。
重たい雪は何にでもペトッとくっつくように積もっていきます。
冬の間、枝だけになった樹々たちにも、雪はくっつき積もっていきます。

Winter Scenery 002
雪が上がって青空が見えると、樹氷となった雪は輝きを増して見えます。
一瞬で融けてなくなってしまうまでの、儚い時間の始まりです。
太陽の熱が風が、雪を融かし払い落としていきます。

Winter Scenery 014
この瞬間を逃したくなく、慌てて外に飛び出して写真を撮ってきました。
しかし目で見たそのままを切り取ることが出来なくて歯がゆい気持ちです。
雪が付いた真っ白な枝は青空に向かって、伸びていました。
春に向かって、今はじっと耐えるとき。

この日のゲレンデは、ちょっぴり重たいけれど、決して悪くないバーンでした。
個人的には好きな状態でした。
色んな雪を楽しめる、自分はなんて恵まれた環境に居るんだろうと改めて思います。


今シーズンは寒い日が多く、屋根の雪はなかなか落ちることなく少し融けては固まる…の繰り返しでした。
レストランの屋根は大きなツララが出来上がり、『(自分にとっての)特別天然記念物』だと決め込んで、毎日眺めていました。

Winter Scenery 031
屋根の角に出来上がったツララはどんどん太さと長さを増して、とうとう1本の柱になりました。
除雪された雪壁とひと続きになったので、地面からではありませんが…。
数日後、崩れたら危ないからと社長さんが豪快に破壊していましたが大変そうでした(苦笑)

Weather of Winter 006
青空に透けるようにキラキラ輝くツララは、天然のステンドグラス。
うまく並べて、叩けば鉄琴のような音がするんじゃないかなとも思ってしまいます。
ツララの先っぽから、水滴がポツポツ落ちるのもなんだか音楽みたいで心地いい。
のんびりとした昼下がりには、ずいぶん楽しませてもらいました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

多くの想い

3連休の後半は雨となり、ゲレンデの人出は静かなまま、私の勤務するレストランはひと足早く今シーズンの営業を終了しました。
ゲレンデは今週いっぱいで終了になります。
ちょっぴり寂しいですが、仕方ないよね…そう誰もが思っています。


今、帰省の途中です。
心配していたガソリンですが、車は無事にお腹を満たし西へ西へと順調に走ってくれています。
エコドライブを心がけて走らせています。

安定な走りをしてくれる、タンクローリーの後ろにつきました。
中はガソリン。
燃料不足解消のために遠くまで運んでくれたのだろうか。

遠くに、たくさんの貨物を連結させ東へ向かう列車を見つけました。
運送業者ばかりの貨物に「救援物資かな?」と思ってしまう。

雪が舞うのを見れば、震災に遭われた人は凍えていないかと思ってしまう。
サービスエリアで水をたくさん買っている人を見れば、福島原発が心配になる。


震災に対するたくさんの想いが、何かの拍子にふと出てきます。
同じような気持ちになっている人もたくさんいると思います。


Snow Paradise 003
自然の猛威に押しつぶされそうになった人たちが、空がきれいだと、自然が美しいと上を向いて想える日が1日でも早く戻ってきますように。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

わたしたちにできること

11日に大地震が発生してから、丸々4日が経ちました。
テレビに映し出される惨状は目を覆いたくなるものばかりです。

福島原発の事故、それに伴う電力不足。
地震後に出てくる更なる試練に、何か出来る事は無いかとみんなが気持ちをヤキモキさせているのではないでしょうか。
もちろん、私もそのひとりです。


関東電力供給エリアでは、輪番停電と呼ばれる試みが混乱の中始まっています。
電力不足による節電を呼びかける、チェーンメールが回っているそうです。
チェーンメールの差出人は『関西電力の職員』だとか…。
関西と関東は、電気の単位のヘルツ数が違っています。(西は60hz、東は50hzです)
関西電力や中部電力は電力の一部を変電所で換え、関東電力へ供給しているそうです。
提供出来る電力の上限は決まっていて、電力以外の協力もしているそうです。
日本全土で色んな気持ちをこめて節約、節電をするのはいいことだと思います。
ただ、若干誤解を招く内容だと問題になっているようでした。

もうひとつ、『自衛隊では支援物資を受け付けています』という内容のチェーンメールも廻っているようです。
こちらの内容は、衣料、食品、電池、日用品(毛布)などを、『地震支援物資在中』と書いて送ってほしいというものでした。
ただ、気になるのが宛て先です。
東北の各県庁所在地宛てになっています。
現在、東北への物資輸送は政府の依頼によるもののみに限られており、個人の荷物は受け付けられていません。
自衛隊が国民に向けて「物資をください」とお願いすることもないそうです。


「どうにかしたい」「何か力になりたい」と多くの方は思っています。
ただこのような根拠の無いチェーンメールは、被災者の方に迷惑を掛けてしまうきっかけになってしまいます。
間違った情報を信じて、善意のつもりが迷惑になってしまうのは悲しいことだと思います。

首都圏では、食料の買い占めにより、食べ物が無くなっている状態だそうです。
ガソリンに関しても、関東甲信越より以北は不足しています。
不安になる気持ちは、誰もが持っています。

情報全てを信じたり、今やれることをただ闇雲に実行していくのでは、『善意』がもったいない方向に逃げていってしまいます。
こんな時だからこそ、どうするべきなのか、ひとりひとりがしっかり考えなくてはならないと思います。

偉そうなことばかり書いてしまいました。
ごめんなさい。

みんなの『どうにかしたい想い』を空振りさせないためにも、考えて行動していけるといいです。
Candle.jpg



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

東北地方太平洋沖地震

昨日の15時少し前、週末に向けて厨房でパンを作っていました。
予備発酵を終えたパン生地を空気を抜きながら、丸め直す作業をしていました。

例えるならば『立ちくらみ』のような『貧血』のような、ふらっとした感覚が起こりました。
あれ?体調が悪いのかなぁ…と考える時間がある長さでした。
そして次の瞬間、大きな横揺れを感じました。

地震!

天井を仰ぎ見ます。
長いし大きい…ただただ地震が収まるのを待つだけでした。

その後、もう一度大きな揺れを感じました。
その直後から、「大地震らしい」「燃えてるらしい」様々な情報を耳にしました。
中には先走ったガセネタもありました。

仕事を終え部屋に帰りテレビを着けると、すでに到達したらしい津波の様子が映し出されていました。
押し寄せる波は、ミニチュアの模型を押し流すかのように、何もかもを飲み込みかき集めて突き進んでいきます。
信じられない、信じたくない光景でした。

いつもの日常が、いつものありふれた生活が、跡形もなく無くなっていくのを見せつけられた気がしました。
あそこに尊い命があるだろう、そのともしびをも奪っていく瞬間が映っているのです。

自然の猛威に、為す術のない人の力に、やるせない気持ちでいっぱいになりました。


揺れた地域に住んでいる友達に連絡をしました。
大きな被害を受けた地域に住んでいる友達を含めて、全員とやっと連絡が取れほっとしました。
それと同時に、同じように安否を気遣い連絡が取れないままの家族や友達がいる人のことを思うと、複雑で悲しい気分になります。

ライフラインの復旧を待ちながら一夜を明かした友達から、今朝の長野県で起こった地震を心配して連絡がきました。
その友達の方がはるかに大変なのに…、気遣いがとても嬉しく力をもらいました。

余震が続き、震源地が異なる誘発されたような地震も周りで起きていて、不安が募ります。
1日たって、信じられない数の死者と行方不明者の数に震え上がると同時に、何か出来ることはないかとテレビを見ながら考えています。

東北から関東まで、広い範囲で電気、水道、ガスなどのライフラインが途切れているそうです。
電力は広い範囲で不足しているようです。
節電を呼びかけています。

私が利用している中部電力は電力不足の東京電力に供給するそうなので、出来るだけ節電して過ごしています。

使っていないプラグはすべて抜く。
炊飯器や電気ポットの保温をやめる。
暖房器具の温度設定を下げる。

今、すぐに出来ることです。
この小さな節約が少しでも新たな人へ届く電力になりますように。
少しでも早く、ライフラインの復旧に繋がりますように。

色んな願いを胸に、自分なりに出来ることを模索していきたいと思います。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
自分のこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

月明かりツアー

満月に近づいてきた、ある日の夕方、みんなが家路に向かうのに逆らって森の中に入っていこうとしていたグループがひとつ。
遊歩道の入り口に、ひとり、ふたり…と集まってきます。

決して怪しい人たちではなく、純粋にアウトドア女子会『月明かりツアー』を楽しみたいと集まってきた人たちです。
嬉しいことに、『月明かりツアー』は毎年恒例になってきました。
参加者はいつも女性なので…女子会と書いてみただけです(笑)

今回は地元在住の、自然などに興味津々のNちゃんとHさん親子(Hさんと中学生の娘さん)を新メンバーに迎えて実行することになりました。
当初の予定は1月の満月前だったのですが、天候不良と私の体調不良が重なって延期になっていたのです。

月明かりツアー 001
車両用の除雪が終わった場所からスノーシューを履き、ストックを両手に持って歩き始めます。
カメラを片手に冬の景色を撮りながら、気になる鳥や植物の話をしながら歩きます。
日の入りより少し早めのスタートだったので、周囲はまだまだ明るいです。

前日に積雪があったので周りは真っ白です。
ふわっふわの雪だと思って踏み込むと、カリっと音がします。
日中の気温が高めだったせいか、融けた後に固まったようです。

「外はカリッと、中はふんわりだね!」
なんだか、パンやお菓子を表現しているようです。
みんな笑いながら、そんな『外カリ、中ふわ』な雪の感触を楽しんでいました。

月明かりツアー 003
真っ青だった空には薄っすらと雲が帯びていました。
空は白くなっていき、夕暮れが迫ってきています。
冬の樹々のシルエットと乗鞍岳がとてもきれいでした。

月明かりツアー 004
月は私たちの前で高く昇ってきています。
昼間の明るさがまだ残っています。
ただ、雲がどんどん出てきているのが気になります。
このまま月明かりが期待出来なかったらどうしようと、ドキドキしながら歩いていきます。

月明かりツアー 005
一の瀬園地の駐車場付近に到着しました。
雲は出てきているけれど、乗鞍岳はきれいに見えていてひと安心です。
この季節にしては、雪が少なく乗鞍岳も目の前の土手も地肌が見えていました。

さらにここからもう少し奥へ歩いていきます。
気が付けば、足元に自分の影が伸びていました。
月明かりが作った影です。
いつのまにか太陽の明かりよりも月明かりが強くなっていました。

雪は青白く光っているように見えます。
こちらも月明かりによる効果です。
雲に覆われて弱々しく光を放っていた月。
だんだんと雲が切れ、本来の輝きを取り戻したように光っていました。

雪原が広がり、乗鞍岳が望める場所でお茶タイムです。
これぞ女子会!!
月明かりの景色を撮ろうとカメラと戦っている間に、銀マットが敷かれプチパーティの準備が着々と進んでいました。

月明かりツアー 012
それぞれ持ち寄ったものは、サンドイッチ、チーズ、ぬくもりの残るホットケーキに、サーターアンダギー。
その場で赤ワインを温めていただきました。
日が落ちると同時に冷え込むかと思っていたのですが心配するほどでもなく、ゆっくりと過ごすことが出来ました。

空はすっかり漆黒に包まれ、星がキラキラと瞬いています。
月はそれ以上に輝き、不思議な力で私たちを包み込んでいるように思えました。
月明かりと雪の白さの相乗効果で、乗鞍岳ははっきりとしたシルエットを作り、浮かび上がっているように見えました。
月明かりツアー 016

ずっと空を見ていると、たくさんの飛行機が飛んでいきます。
乗鞍岳の向こうに消えていく飛行機を指差して、「UFOだ!」と言ってみたり、たったそれだけのことが楽しくてついつい笑ってしまいます。

体が冷え切ってしまわないうちに、帰り支度をします。
帰りはさらに雪の中を歩き回ってみました。
日当たりのいい場所は、カリッとふわっと。
日陰の場所は、どこまでもふわふわの雪が続いていました。

久しぶりに一眼レフカメラを出してみましたが、うまく夜景を撮ることが出来ませんでした。
今度はしっかり準備して、夜景撮影にチャレンジしてみたいと思います。
出来れば雪のあるうちに、もう一度夜の散策に出られるといいな…。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

誰のあと?

真っ白い雪原の中でよく見かけるもの…。
それは動物たちの足跡です。


ボクが誰か分かるかな?
前足をお行儀よく『トンっ』と揃えて置いたら、後ろ足を思いっきり蹴り上げて、揃えておいた前足の横に着地。
そしてまた両手を前に出して、両足を蹴り上げて着地して前に進んでいくんだ。
全速力で走るときは、前足よりも後ろ足のほうが前に出てくるよ。
あ!!そうそう。
前足より、後ろ足のほうがずっと大きいのが一番のヒントかな。

月明かりツアー 002
これは、ふかふかの雪の中の僕の足跡。
ふっかふかだからつま先やかかとが雪にあたって、細い線が付いちゃってるね。
新雪を思い切り走るのは大変だけれど、お散歩するのはやっぱり気持ちがいいよね。

月明かりツアー 030
こっちはキュキュっと締まった雪の上を歩いたときにつけた跡だよ。
左上から右下に向かって歩いたんだけど分かるかな。
歩きやすいから、後ろ足はかかとまで使わずに前の部分だけで歩けたんだよ。


足跡をつけたのはボク、ノウサギだよ。
分かったかな?

ウサギはみんなが知っている動物だけど、ボクの姿を目撃するのは結構難しいんだ。
何でだって?
ボクは夜行性で夜に行動することが多いし、何よりボク達みんな恥ずかしがり屋さんだから、人の気配を察すると隠れちゃうんだよね。
敵に見つからないように、冬は真っ白な毛に変わっているから、ますます見つけられないかもね。

でも足跡だけは、雪に残っちゃうからこうして見ることが出来るんだ。
時々大運動会をやったりもするから、そんなボクたちの足跡を探してみてね。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

霜のステンドグラス

とても晴れた日の朝は、放射冷却の影響でとても冷え込みます。
乗鞍では氷点下10度を下回ることは、たびたびあります。
そんな寒い日は時間ぎりぎりまで布団の中で丸くなっていたい気がするけれど、寒いからこそ面白い発見があります。

Weather of Winter 004
車の窓ガラスに張り付いた霜。
きれいな模様が出来ていました。
外の景色と重なって、白い霜が浮かび上がって見えてきます。

Weather of Winter 003
フロントガラス1枚に描かれた様々な模様は、羽毛のようにも雪の結晶のようにも見えます。
日が射せば儚く消えていく自然現象です。
ステンドグラスのようなカラフルな色使いはないけれど、繊細で不思議な模様に、息が掛かって融けてしまうくらいに顔を近づけて見ていました。

露出した顔はピリピリしカメラを持つ手はかじかんでいました。
それでも、なんだか得したようなホクホク気分になれました。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日から3月

今日から3月です。
梅や桜が咲いたり、花粉が飛び始めたり、春の便りを耳にすることも多くなってきました。

ここ数日、とても暖かかった乗鞍。
週末をはさんで2度もしっかりとした雨が降り、ゲレンデの雪はずいぶんと減ってしまったような気がします。

今日は朝から滑りに出ました。
3月となると、やはりシーズン終わりを感じてしまうから。
悔いの無いよう滑っておきたいから。

昨日降った雨はゲレンデの雪に吸い込まれて、ザクザクのバーンとガチガチのバーンを作っていました。
圧雪車は苦労して均した形跡を、部分部分に残していました。(大きな声では言えませんが、ガタガタだったり、ボコボコだったり…)
スキーで滑ろうとしましたが、慣れないゲレンデの状態に腰が引けてしまいました。
情けないほどに制御不可能になり暴走気味…やはりスキーはまだまだです。


今日の天気は午後から下り坂。
リフトのおじさんが「午後から降るから、今のうちにいっぱい滑っておきなよ」と送り出してくれました。

Weather of Winter 027
空は、薄い雲と厚い雲が高層と低層でまとまり、どんどんと形を変えていました。
その雲の層に見入ってしまうくらい、圧倒されてしまいました。

お昼頃からやはり雨が降り出し、夕方には雨は雪に変わりました。
真っ白い雪の華を色んなところにつけています。
春になったり、冬に戻ったり。
もう少し、季節を行き来する日が続きそうです。



a href="http://outdoor.blogmura.com/">にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

乗鞍での出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。